漆黒の斬撃

東京砂漠に生きる役者が、主に物語を書き綴るブログです。つたない文章ですが、お付き合い頂けたら幸いです。

  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/



  悪夢の中の鏡。
「なんか…身体が…重いなぁ…」

目を覚ました私は、見覚えのある場所に居た。
ここは子どもの頃に、よく家族でキャンプをした河川敷だった。
土手にはちゃんと芝生が生えていて、ダンボールで滑ったり、
近くにある川で釣りをしたり、バードウォッチングをしたり、
色々な思い出がある場所。

でも、どこかぼやけていた。薄い霧のようなものが
立ち込めているからなのかな。辺りを見渡すと、倒れてる
人影が見えたので、私は急いで駆け寄った。

「もしもし…?」
「ん…う~ん…」
「だ…大丈夫ですか…?」

私は倒れていた彼女を見て、激しく動揺をした。

「あ~、やっときた」
「……」
「なるほどね」
「え…」
「絶対分かる、ってこういう事ですか」

目の前に倒れていた子は、静かに
呟きながら、私の顔をゆっくりと眺めた。
見定めてるような、観察をするような
そんな目で私の周りをグルグルと
回りながら私を見ていた。

私も彼女も、なんの装飾品も付けずに靴も
履かずに、白いノースリーブだけを着ていた。
彼女は私と同じくらい…ううん、全く同じ背丈で
私も彼女と同じ格好で、そして同じ顔をしていた。

「あの…あなた…なんで」
「なんで同じ容姿なのか、って?」
「……」
「それはね…ヒ・ミ・ツ☆」

おどけてみせた彼女の顔は、私と同じ顔のはずなのに
私が見た事も無いような顔で笑っていた。怒りが
失せると同時に、私も冷静さを取り戻した。こんな
ところにどうしているのか、やっぱりなにかおかしい。

「あの、一体何がどうなってて、あなたはどうし…」
「ストーップ」
「?」
「そんなに慌てないでよ。ちゃんと説明するから」

そう言って、彼女は辺りをキョロキョロと見渡すと
ちょうどいい場所を見つけたのか、スカート部分を
押さえこんでそこに座り、私を手招きした。人どろこか
虫や鳥の気配さえも無いのに、不思議と怖くは無かった。

「じゃあまず、ここの説明から。ここはね、三途の川」

彼女は、私の目を見てハッキリと言った。三途の川を
知らない大人でも無いし、信じられる程子どもでもなかった。
スポンサーサイト
2007/01/20/Sat 00:12:17   十六夜~月下天真~/CM:0/TB:0/



MAIN
copyright © 2006 漆黒の斬撃. All Rights Reserved.
Template Title : 月の雫 -蒼月-  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。