漆黒の斬撃

東京砂漠に生きる役者が、主に物語を書き綴るブログです。つたない文章ですが、お付き合い頂けたら幸いです。

  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/



  帰省。
目の前の光景に、俺は今だに理解を出来ずにいた。
倉石真奈美、17歳。成績優秀、バスケ部所属。
身長およそ150cm、体型はスレンダー。

特別目立つような容姿では無いけれど
バランスの良さが際立って、校内でも
知らない人間はいないほど、有名な女子。

その彼女が自分の胸元に手を伸ばしたかと思うと
制服の赤いリボンをほどき、そのままするりと床に落とした。

****************************

お昼過ぎに降った夕立は完全に止み、道は少し湿っていた。
年明けから舗装を始めていたらしいこの駅前のこの道路も
梅雨前には完成し、既に人々に踏み荒らされ、一緒に立てられた
記念碑に見向きをする人間は居なかった。商店街は
夏祭りの活気に、慌しくも賑やかに笑顔が溢れていた。

「な?んか子どもン時と比べると、雰囲気変わったなぁ…」
「何言っとんの。雰囲気変わってもイイトコっしょ、ここは」

出来たてのたこ焼きを、はふはふと口に頬張りながら
他の屋台を物色し始めた悠太に言葉を返した。

「イイトコ?そんな風に思えるお前の精神が羨ましいよ」
「お。トシが褒めてくれるなんて珍しいなぁ」
「お前は全然変わってなくて嬉しいよ」

大学へ通う為にこの街を出てから五年。俺、飯塚明俊は
友人の結婚式に出席する為に、三年振りに帰省をしていた。

結婚をするのは、俺の隣に居る同級生の阿川悠太。

駅周辺の開発は年々進んではいるが、県内の他の大きな
市に比べたら田舎臭さは拭えない、なんて思ったのは
都会暮らしが長くなりつつあるせいだと思う。きっと。

舗装なんて新しくしても商店街は廃れ、この夏祭りの屋台にしても
年々数が減っていると聞いた。久々に屋台を巡る俺の目には
少年時代の自分を重ねるような子どもたちは、数えるほどしか映らなかった。

「おお!チョコバナナみっけ♪」
「そりゃ定番なんだし当たり前だろ」
「甘いなぁ。このチョコバナナのチョコよりも甘いよぉ、トシソン君」
「どこの探偵助手だよ。最近は辛いチョコバナナでも売ってんのか?」

子どもの頃は、普通の味しかなかったチョコバナナも
時代のニーズなのかはたまた生き残りなのか、今では
イチゴチョコやらメロンチョコやら、色々な味がある。
悠太は、メロン味を手に取り、まるで教授のように話始めた。

「言ったろ?屋台の数も減ってさ、意外に無かったりするんだよ」
「チョコバナナが?」
「そ。昔当たり前だったモノがさ、今じゃ当たり前じゃないんよ」
「時代の流れ、ってやつか」

俺は自分でそう言いつつ、なんだかジジ臭いな、と思った。
田舎で育った時間が、なんだかとても遠い過去のように感じた。

悠太は手に持ったチョコバナナをかじるとほんの一瞬、寂しそうな顔をした。

「だから、当たり前なうちに食っておいた方がいいじゃん?」
「後悔しない為に、ってか?」
「まぁな。後悔先に立たず、据え膳食わぬはナントやらってな」
「なんか、微妙に違う気が…」
「それに、俺が結婚するんだぜ?世の中何が起こるか分からないっしょ?」
「ああ。まさに宇宙規模でナニカが起きてる証拠だな」
「俺の結婚は天変地異かよっ」

ゲラゲラ笑いながら、旧知の友は祭りを楽しんでいた。
俺は祭りなんかよりも、久しぶりに感じる心地よさを楽しんだ。

田舎だからか、悠太だけではなく驚く程旧友達の結婚率は高かった。
後悔先に立たず…そんな事、悠太に言われなくても分かってる…
嫌と言うほど…身に染みて分かってる……。そう心で呟き
最後のたこ焼きを口に運んだけど、なぜかタコが入ってなかった。

スポンサーサイト
2007/02/15/Thu 23:02:27   光速道路/CM:0/TB:0/



MAIN
copyright © 2006 漆黒の斬撃. All Rights Reserved.
Template Title : 月の雫 -蒼月-  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。