漆黒の斬撃

東京砂漠に生きる役者が、主に物語を書き綴るブログです。つたない文章ですが、お付き合い頂けたら幸いです。

  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/



  晩秋が呼ぶ後悔。
「だからなに怒ってるんだよ!」
「そんな事も分からないから怒ってるの!!」
「んだよそれ!ワケわかんねぇ…」
「もういい!!バカ!!!!」

そう言うと、彼女はまるで雑草を
引き抜くように、カバンを床から拾いあげ
鋼鉄の扉の前で一度立ち止まったのか
走り去る音が不意に聞こえなくなった。

扉が開き、湿った風を感じて玄関を見ると
すでに、扉の前に彼女の姿は無かった。

ワケが分からなくなんて無かった。
間違っているのは、絶対に俺だ。
ほんとに、ごく些細な事だった。

だけどタイミングが悪かった…というのは
言い訳に過ぎない。行楽シーズンが迫り、
抱えている仕事が忙し過ぎて、ここ最近は
ずっと茜をほったらかしにししまっていた。

そんな俺を気遣うように、茜は献身的に、
優しく接してくれた。不甲斐無い、と思いつつも
どうしても溜まったストレスを茜にぶつけがちに
なっている自分に嫌悪して、それが余計に
ストレスになっていくのがもどかしかった。

今日は、久々に茜が家に泊まりにきて
ろくなモノを食べていない俺に
手料理を振舞ってくれると言って
色々頑張ってくれていた。

それなのに、俺は言ってはならない
一言を、茜に言ってしまった。


『就活で疲れてるのによくやるよねぇ。見返りは何?』


ほんの、軽い気持ちで、もちろん
冗談のつもりで言った言葉だった。
だけど、茜にしてみたら、それが
スイッチになったようだった。

一人、茜の居なくなったリビングで
テレビを見ながら、グラスを傾ける。
荒れる各地の映像とともに、カッパ姿の
リポーターが叫ぶお決まりの台風情報。

茜が気になって玄関へ向かおうと思ったが
今会ってもきっとダメだ、明日きちんと謝ろう。
そう思って、グラスに残った酒を氷ごと
口に流し込み、そのまま眠る事にした。

ベットにもぐりこみ、電気を消すと
酔っ払った若者の集団の騒ぎ声や
サイレンの音、それら街の喧騒に混じって、
時折届く風の哭く音が、少女の
泣き声のように…聞こえた気がした。
スポンサーサイト

2006/11/05/Sun 23:13:24   十六夜~月下天真~/CM:0/TB:0/



new : ?いち?
MAIN
old : ?朔?
COMMENT
COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://galaxyblack.blog8.fc2.com/tb.php/15-cd81b4ba
MAIN
copyright © 2006 漆黒の斬撃. All Rights Reserved.
Template Title : 月の雫 -蒼月-  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。