漆黒の斬撃

東京砂漠に生きる役者が、主に物語を書き綴るブログです。つたない文章ですが、お付き合い頂けたら幸いです。

  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/



  ?朔?
『今宵、桜の木の下で、あなたを待っています』

手紙にはそう書かれていた。
この手紙を見るのは、もう何度目だろう。
涙でところどころ滲んでいる。

この手紙をもらったのは八年前。
まだ会社に入りたてで、色々ミスもしたけど
仕事そのものはやり甲斐もあるし
それなりに充実した日々だった。

差出人の名前は香澄。名前負けしない
透明感のある人だった。俺よりも
三つ年上の、事務職の人。新人同然の俺を
彼女は温かい言葉で支えてくれた。
今でも、彼女の事は昨日のように思い出せる。


晴天が、空を我がモノ顔ですっぽりと覆い、陽光が
差し込む窓辺の席から、彼女が僕に声をかけてきた。

「ほら、そんな顔してるとまた部長に怒られるよ?」
「いいっすよ、別に」

俺は席に戻るなり、上司からの叱責に凹んで
むくれていた。彼女にせっかく声をかけて
もらったのに、そんな言葉しか出てこなかった。
そして彼女は、おもむろに俺の頬を両手で掴んだ。

「ね、痛い?」
「!?」
「痛くないの?」
「いふぃなりふぁにふるんでふゅか!」
「あ、怒った?」
「離して下さいよ!」

俺は彼女の手を強引に振り払った。
彼女の行動の意味が全く分からなかった。
つままれた頬は微かな痛みが残った。
彼女の手の、僅かな温もりとともに。

「香澄さんも、俺を馬鹿にするんですか!?」
「するよ?」
「!」
「だって、そんな顔してても仕事の邪魔なんだもん」
「俺だって好きでこんな顔してるわけじゃないですよ!」
「そう?だったらなんでそんな顔してるの?」

彼女は俺を真っ直ぐに見ながらそう言い放った。
俺は、答えに困り、彼女の目を直視出来なかった。

「なんでって…それは…」
「自分のミス、でしょ?」
「……」
「だったら、自分の力で笑えるよね?」
「え…?」
「ミスをして落ち込むなんて、誰でも出来るんだよ?」
「…」
「でも、笑う事も出来るんだから」
「…」
「今のミスより明日の成功、でしょ?」
「香澄さん、言ってる事がよく分からないですよ。それと…」

すると彼女は、今度は俺の鼻をつまんだ。

「はい、私のお説教終了?♪」
「???」
「あれ?もう落ち込むの止めたの?」
「え?あ…」

いつの間にかモヤモヤした気持ちは消えていた。
まさに狐にでもつままれたような気分だった。

「さて、と。今日のお昼は何にしようかなぁ?」
「香澄さん!!」
「ん??」

背伸びをしながら去ろうとした彼女に
自分でも驚くほどの大声で声をかけた。
振り返った彼女は、数秒前まで俺の
目に映っていた女性とは、まるで別人のように
子どもの笑顔を浮かべていた。

「あ…えと…カレー!好きですか!?」
「私が作ったカレー以外ならね」
「インドとタイ、どっちがいいですか!?」
「お☆そうきたかぁ?じゃあタイかな♪」
「失敗した書類、速攻で終わらせます!」
「頑張ってね」
「はい!」

なんだかよく分からないけど、今までに
感じた事の無い気持ちだった事は間違いない。
俺は晴れやかな気持ちで、仕事を片付けた。

三度目のデートの時、食事をして、カフェで
談笑しながらこの時の事を話していたら

「私、本当は辛いモノって苦手なのよ?」

そう言いながら、彼女は紅茶のカップを手に取り
あの時と同じ目を俺に向け、いつもの
悪戯っぽい笑顔で、微笑んでいた。
俺はその笑顔を見て、彼女に二度目の恋をした。
スポンサーサイト

2006/11/08/Wed 23:36:49   今宵、桜の木の下で/CM:0/TB:0/



new : 晩秋が呼ぶ後悔。
MAIN
old : 後悔という名の胎動。
COMMENT
COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://galaxyblack.blog8.fc2.com/tb.php/18-cf22f021
MAIN
copyright © 2006 漆黒の斬撃. All Rights Reserved.
Template Title : 月の雫 -蒼月-  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。