漆黒の斬撃

東京砂漠に生きる役者が、主に物語を書き綴るブログです。つたない文章ですが、お付き合い頂けたら幸いです。

  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/



  残された血。
「…めろ…やめろ…やめろぉぉぉぉぉ!!!!!!」

あの人に向かって、俺は叫んだ。何も出来なかった
自分の無力さに嘆きながら。空に遠雷が轟く夜、俺は
目の前で父上を殺され、母上は遠方の地に幽閉された。
残されたのは、まだ幼い妹と、憎悪という名の種。

「小僧…助かりたいか?」
「……」
「なんだ?恐ろしいのか?」
「!」
「いいぞ…そうだ、その眼だ!人に非ざるその眼で、俺を見ろ!!」
「なぜ…なぜ父を殺した!?」
「なぜ?覚えておけ小僧。今の時代、人を殺すのに理由など…」
「実の弟だろ!?」

一瞬、あの人の眼がくすんだような気がした。次の瞬間
豪腕と呼ぶに相応しいその腕を、俺の眼前に伸ばしてきた。

「やめろ!小夜に触るな!!!!」
「兄上!」
「父は守れずとも、妹は守る、か?」
「煩い!!!!!」
「笑止な…」
「っぐ!?」
「兄上!!」
「っがは!」
「このまま…首の骨を折ってやってもいいんだぞ?」

あの人は笑っていた。まさに、狂気…いや、狂鬼だった。
妹は、俺を助けようとして男に飛び掛かり噛み付いた。

「放せ!兄上を放せ!!」
「優しい妹に感謝するんだな、あにうえ」
「がっ!」
「兄上!!!!!!」

そのまま首をつかまれ投げ飛ばされた俺に
最早立ち向かう気力は残っていなかった。
駆け寄ってきた妹を傍らに抱き寄せ、なんとしても
妹だけは守ろうと思いながら、あの人の目をじっと見据えた。

「小僧…そのまま聞け」
「はぁ…はぁ…」
「今、この地…いや、この国は混沌の最中にある」
「……」
「だから必要なんだ。鬼と、魔王と呼ばれるような、絶対的な…力がっ!」

そう言うと、まるであの人の言葉に呼応するかのように
空には一筋の閃光が走り、刹那に巨大な轟音が鳴り響いた。
気が付くと遠雷が雨雲を呼び、やがて辺りは雨につつまれた。
あのとき…あの人は何を考えていたのだろう…

「忘れるな。お前の父を殺した、俺への悪しき感情を、その憤怒の憎悪を」
「……」
「今日からお前は、俺の部下だ。俺の下で働け」
「なっ!?」
「そして隙在らば、いつでも殺しに来い。無論、この命安くは無いがな」
「何を…考えている…」
「何も。全ては余興、俺がこの国を手に入れるまでの退屈しのぎだ」
「退屈しのぎ…だと…?」
「ああ。そうだ。俺が業を背負う為の、退屈しのぎだ…」
「なぜ貴様に…」
「拒む権利など…あると思うか?」

時折の雷光に煌く刃は、妹の喉下に突き付けられた。
雨音だけが、あの人へ反逆を犯し続けている。

「全ては、俺の掌の中だ」
「くっ…貴様に、人の血は流れていないのか!?」
「とうに流し尽くしたわっ!鬼となり、お前の父を斬った瞬間にな…」

そう呟き刀を握り締めると、香乃の噛み痕から血が流れた。
俺と同じ赤い色をした鬼の血は、そのまま雨に消えた。

「この優しき魂が大切なら、俺の命をとるまで、妹より先に死ぬなよ?」
「貴様に言われるまでも無く…俺は…生きる…」
「せいぜい腕を磨き、鍛錬に励むんだな小僧…いや、信澄」
「生きて…必ず我が手で、父の元へ送ってやるぞ!!悪鬼…信長っ!!!」


俺はあなたの為に華を咲かせよう…。あなたの為だけの華、血だまりの華を――――



スポンサーサイト

2006/11/20/Mon 00:15:08   血だまりの華/CM:0/TB:0/



new : ~弦~
MAIN
old : ?朧?
COMMENT
COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://galaxyblack.blog8.fc2.com/tb.php/20-43a0d8fa
MAIN
copyright © 2006 漆黒の斬撃. All Rights Reserved.
Template Title : 月の雫 -蒼月-  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。