漆黒の斬撃

東京砂漠に生きる役者が、主に物語を書き綴るブログです。つたない文章ですが、お付き合い頂けたら幸いです。

  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/



  満月が照らす悪夢
「茜…嘘だろ…なぁ…」

全力で病院に向かって走った。距離なんて関係なかった。
電車やタクシーに乗る事なんて思い浮かばないくらい。

茜は、由貴ちゃんの家に泊まりに行こうとしていたらしい。
由貴ちゃんは公衆電話から茜の電話を受けて、声の様子から
何も聞かずに了承をし、携帯を持っていない茜を待つ事にした。

だけど、茜が居た公園から由貴ちゃんの家まで一駅しか離れて
いないのに、茜が一時間経っても来ないのを不思議に思い
小雨も降りだしてきたから心配になり公園まで向かったらしい。

そして、公園には物凄い人だかりと、救急車が止まっていた。
人混みをかき分けた由貴ちゃんの目に飛び込んできたのは
大量の血の海と、ガードレールにぶつかったトラックと
まるで生気の無い顔をした、親友の姿だった…。

由貴ちゃんは動揺をしながらも事情を説明して、救急車に
乗り込み、とりあえず茜の両親に連絡を取った。一命は
取り止めたものの、大量の出血と雨の冷たさで、意識不明の重態。

由貴ちゃんは、消え入りそうな声で昨夜の出来事を丁寧に
説明してくれたが、未だに気持ちが落ち着いていないようだった。
もちろんそれは俺も同じだった…。あのとき…追い掛けていたら…
携帯に気付いていれば…あんな一言を言わなければ…
鎖で全身を縛られ地中に引き摺り込まれるような後悔に襲われた。

「ごめんなさい!!」
「あ、いえ…」

こんな時間に紙袋を持って病院に居るくらいだから
見舞いに来た女性だろうか。病院の入り口でぶつかった
女性に一言謝り、そのままカンファレンスに急いだ。

「あの!深夜に…救急車で運ばれてきた、大学生くらいの…」
「南条茜さんですか?」
「はい!そうです!!」
「ご家族の方ですか?」
「あ、いえ…あの…彼氏です…」
「彼女はまだ…面会謝絶の状…」
「哲平さん!!!」

そう叫んだのは由貴ちゃんだった。彼女の服は
雨に濡れ、袖口や胸の辺りが赤く滲んでいた。

「由貴ちゃん…」
「茜…面会謝絶で…」
「うん…今…聞いた…」
「茜…血が…トラックで…」

両親の手前だったからなのか、我慢していたであろう涙を、俺の前で流した。
皮肉だな…彼女の涙を見て、平静を取り戻した。だけど、小さな身体を震わせ
泣きじゃくる彼女を、そっと抱きしめる事しか出来ない自分の無力さに崩れそうだった。

茜…大丈夫…だよな…?また…俺や由貴ちゃんに…
お前のバカみたいな笑い声…聞かせてくれるよな…?
スポンサーサイト

2006/12/30/Sat 23:07:53   十六夜~月下天真~/CM:0/TB:0/



new : ?望?
MAIN
old : 悪夢の中の鏡。
COMMENT
COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://galaxyblack.blog8.fc2.com/tb.php/25-36a7b854
MAIN
copyright © 2006 漆黒の斬撃. All Rights Reserved.
Template Title : 月の雫 -蒼月-  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。