漆黒の斬撃

東京砂漠に生きる役者が、主に物語を書き綴るブログです。つたない文章ですが、お付き合い頂けたら幸いです。

  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/



  【陽炎の海・第四輪】『覚醒』
「なんだよ…これ…」
「父さん…?母さん…?」

少年たちは驚愕した。自分たちの村が、家が、まるで
巨大なモンスターに踏み潰されたように無くなっていた。
いや、破壊されていた。食べられたような、えぐられたような
とても形容しがたい惨状だった。ところどころに火も上がっていた。
全ての物に見る影が何もなくなっていた。ほんの数時間前までは
見慣れた風景だった場所が、全く別の異世界にでも来たような風景だった。

「ねぇ…朱漣?ここ…私たちの村だよね…?父さんは?
 母さんは?村のみんなは…?」
「蒼華…現実から逃げるな…戦士なら…自分の目を信じろ…」
「だってこんな現実…」
「俺だって信じたくねぇよ!!!!」
「……」
「とりあえず、お前の風で急いで村中を回って
 誰か生存者が居ないか調べろ」
「……」
「蒼華…悲しむ前に、今自分たちに出来る事をやろう。
 な?もしかしたらここは俺たちの村じゃなくて…
 何かの罠でみんなどこかに連れて行かれてるだけかもしれない。
 まずは現状を把握しよう。悲しむのは…それからだ」
「……」

少年は少女をそっと抱きしめた。気丈そうに見えた少女は
小刻みに身体を震えさせていた。少年は優しく少女を包んだ。

「少しは…落ち着いたか?」
「うん…」
「翔べるな?」
「うん…」
「頼む。俺も何か手がかりがないか調べてるみる。
 何かあったら【気笛】を鳴らしてくれ」
「朱漣…」
「ん?」
「朱漣まで…消えないでね…?」
「絶対に手がかりを見つけよう…」

小さな頷きとともに少女は翔んだ。

  俺もなにか手がかりを見つけよう。だけど…蒼華には
  ああ言ったものの、俺は半ば諦めていた…冷静で
  いられたのは心のどこかで無駄だと悟っていたから
  なのかもしれない。戦士としての直感…。きっと…
  ガーフォルンに攻め込まれたんだ…。さっきの声…
  あれはきっとここを襲った奴なんだろう…。
  兄貴の式鴉が消えたのも…式鴉で兄貴が逃げろって
  言ったのもきっと村が襲われたから…。それでも
  納得がいかないのは【伝心術】だ。どうして兄貴の…


『眼の持ち主よ…』


  まただ!!一体どうして兄貴の【伝心術】を!?

「お前は誰だ!?どうして兄貴の術を!?眼の持ち主ってなんだ!?
 この村を襲ったのもお前なのか!?」

『だったら…どうするんだい…?』

「決まってる…お前を…ブチのめす!!!!!」

『ふぅん…君のその気概に敬意を表して…少し遊んであげるよ…』

刹那、空間が悲鳴をあげるように空気がねじ切れたような
感覚が少年を襲った。そして、少年は大人三人を
担いでいるような、すさまじい重圧を感じた。少年の
眼前に、二人の男が現れた。1人は地に伏し、もう1人は
その男を見下ろすかのようにまるですべての支配者のように
威風堂々と、獲物を射抜くような眼光で少年を見据えた。
その二人は、どちらも少年にとって見慣れた顔だった。
  
「兄貴…」
「「ふ…君の言う兄とは…コレの事かな?」」
「がはっ!」

地に付していた男が、頭上の男に蹴圧され、鮮血を流した。

「「眼の持ち主よ…先程の勢いはどうしたんだい…?」」
「しゅ…れんか…?やめろ…弟に…手を…」
「「お前は…黙ってろ」」
「ぐっ…ごふ!」

  立っていた男が地に兄貴を押しつぶした…。手も足も
  触れていないのに…眼光だけで…。一体どんな術なんだ…?
  なんで兄貴が二人も…?なんで兄貴が兄貴を…?

「「さぁ…これからどうする…?朱漣、とか言ったね。
 この男は紛れもなく、君の兄だ。そして…僕の双子の弟だよ」」

「な…」

「「まぁ…信じられないだろうけどね…。だけど…これだけ
 同じ顔なんだし、分かるよね?」」

男は地に伏していた男を片手で軽々と持ち上げた。

「「ほら?全く一緒だろ?そうか…となると…朱漣、君も
 僕の弟になるんだね」」
『……たる…よ…りて…れに…さん…』
『土轟の舞・縛!』

「兄貴!!」

「「へぇ…まだ歯向かうんだ…」」
「黙れ…貴様をこのまま…帰すわけには行かない!!」
「「愚かだねぇ…」」
「止めろ!!」
「「黙ってそこで見ていろ!」」

  さっきの兄貴と同じ状態だった。俺は全く動けず
  得体の知れない力で、その場に突っ伏してしまった。

「「さぁ…見るがいい…終わりと、新たなる始まりを…。
 自然の素たる子供たちよ、我が掌に集まりてその力、我に示めさん…」」
「なっ!?」
『冥無の舞・滅!』

  男が唱えて放った技は確かに【言詩力】だった…
  そう思った瞬間、目の前が真っ白になった…。
  何が起きたのか全く理解が出来なかった…ただ…
  目の前の景色が元に戻ったときには兄貴の姿はなかった。

「あに…き?」
「「君の兄は、もう還元されたよ。この…母なる大地に」」

  男が何を言っているのか分からなかった。ぶっ飛ばして
  問いただそうと思ってるのに身体が全く言う事をきかなかった…。

「「短い一生だったろうけど…まぁいいんじゃない?それなりに
 楽しめた人生だったはずだろうし」」
「短い…一生…だった…?」
「「だから消えたんだよ。万物に許された共通の終焉。そう…死だ」」
「兄貴が…死んだ…?兄貴を…コロシタノカ?」
「「ああ、たった今。君が無力にもそこに這いつくばっている瞬間に、ね」」


「オマエハ…コロス…」


「「その紅い眼。やっぱり君、『眼』の持ち主だったんだね」」
「お前には…死以上の苦痛を味あわせてやる!!」
「「いいのかい?『眼』に覚醒したばかりでそんなに…」」
「黙れぇぇぇ!!!」
「「威勢のいいことで」」
「なんで…なんで兄貴を殺したぁっっ!!」

少年は男に全力で向かっていった。無数の拳を繰り出すが
男には難なくかわされ、全く相手にされていなかった。
ただ一撃だけ、拳が男の頬をかすめ、微かに血が流れた。

「「あんまり調子に乗らないでくれる…?」」
 
さっきまでとは比べモノにならないくらいの重圧が、少年を襲った。

「「君との戦いは実に楽しいものになりそうだけど
 今日は退散しよう。目的は達成できたからね」」
「目的…?」
「「ああ。まぁまた会うことがあるだろう。続きは
 その時にしよう…。もう1人の…弟よ」」

  そう言うと、男は空間のねじれと共に、姿が見えなくなった。

『そうそう、僕の名は黒桜、ゼギウス・ガル・黒桜。
 これからはもう1人の君の兄となる男だよ』

  男の声が遠ざかるとともに、俺の意識も薄れていった。
  終わりと始まりの、混沌の中で…。
2005/05/28/Sat 04:37:03   陽炎の海/CM:0/TB:0/



  【陽炎の海・第五輪】『後悔』
「朱漣、いいか。我ら一族は…」
「自然と共に生きるべき存在である、だろ?聞き飽きたよ。ね、それより兄貴さ」
「ん?」
「言詩力使えるようになったら俺も一人前の戦士として認めてくれる?」
「ああ、ただ…」
「ただ?」
『そのときは俺の屍を越えることになるぞ?』
「あに…き…?」
『朱漣…どうして見殺しにした…?なぁ?朱漣…朱漣…朱漣…』

「ん…れん…しゅれん…朱漣!」
「!!」

  酷い悪夢だった…兄貴が…兄貴死んで…俺に…兄貴が…死んだ…?夢…?夢だったのか…?

「朱漣!」
「蒼華…」
「よかった…朱漣の気流がすごい勢いで乱れて急に弱々しくなったから…心配したんだから…」
「蒼華…俺…一体…」
「私が聞きたいくらいだよ、一体何があったの?」
「蒼華と別れて…それで…兄貴が…」
「橙地さんが?橙地さんがどうしたの?」

  折れた木々、えぐれた土、身体の痛み…やっぱり…夢じゃなかった…
  自分を忘れていた感覚から急速に自分を取り戻していった…
  兄貴を助けられなかった自分、戦士として敵に負けた自分、生き残った自分…

「ねえ?朱漣?」
「蒼華…村は…」
「見つけようと思ったけど、なんかものすごい嫌な気流を感じて、そしたら朱漣の気流が
飲み込まれそうになったと思ったら急に弱々しくなったから…」
「見たのか…?」
「なにを…?私がここに来たときには周りがこんな事になってて朱漣が倒れてたから…」
「じゃあ見てないんだな…」
「だから何を…?一体何があったの…?この村の惨状と関係があるんでしょ?
私だってこの村の人間よ。さっきはみっともないところ見せちゃったけど…覚悟は出来てるから…」
「蒼華と別れたあと…俺たちが聞いたあの声の主が現れた…」
「あの不気味な声…?じゃあ私が感じた嫌な気流がそいつ?」
「ああ…あの声…あいつ…兄貴だった…」
「え…?燈地さん…?あの声が…?」
「俺が…兄貴を…殺した…」
「朱漣…?何を言ってるの…?だから一体…」
「兄貴が死んだんだよ!!!!!」
「燈地さんが…死んだ…?」
「俺が…殺したんだ…」」

  バシッ!蒼華が俺の頬を打ち付けた

「しっかりしてよ!!戦士でしょ!?」

  静寂が襲った。何の音もしない、何も無い空間が俺の身体を包んだ。俺は無力だ…
  戦士なのに…戦士として…あまりにも無力だった…

「俺は…」

  何も出来なかった…何も…一体何のための修行だったんだ…俺は…この手で兄貴を…






  殺した…  
2005/06/25/Sat 23:17:04   陽炎の海/CM:0/TB:0/



  序章
人間が平等なのは、生まれたその瞬間だけ。

生まれたあとは平等じゃない。生まれた場所、親、そして…時代。

生まれた瞬間は、何も無い。自分自身の存在だけが全て。

でも、生まれてしまえば、それはもう平等とは言えない。

父親が居ないかもしれない。金持ちかもしれない。

兄弟が居るかもしれない。国が戦中かもしれない。

僕は、両親も居るし、戦争もしていないし、貧しくもない。

ただ…生まれた瞬間から、13年しか生きられないコトが

運命付けられているだけ。それが僕の人生の始まり…。
2005/07/08/Fri 23:35:47   混沌、そして終焉なる産声/CM:0/TB:0/



  【混沌、そして終焉なる産声・一歌】『明日に出会う水面』
照り付ける太陽の光に、水面が揺れている。水面に照り付けられた
太陽の光は乱反射を起こして、校舎の壁に不思議な模様を
浮かび上がらせていた。まるで異世界に紛れ込んだような…
そんな気分にさせてくれた。

母さんが話してくれた。この太陽の光だけは、昔から変わらないって。
母さんもこういう光景見たのかな。僕は木陰に座りながら、しばらく
壁の異世界に見入っていた。ゆらゆらと揺れる光。地球の外から
送られてきた光で作られた、僕が住んでる世界とは別の世界…。
この光に触れたら…この世界から抜け出せるかな…。そう思った刹那、
壁の異世界が消えた。僕は後ろを振り返る。1人の女の子が泳ぎ始めていた。
真っ白い水着に身を包んで、キレイなクロールで水面を揺らしていた。
ゴーグルで顔は全然分からないけど、ここに居る以上、この学校の
子なのかな。背も高そうだし、僕と同じ学年かもしれない。と言っても、
六年生になってから学校に来る友達は数えるほどしか居ないけど…。

「ねぇ?キミ。」
「!!」

僕はびっくりした。いきなり見知らぬ女の子に声をかけられてしまった。
怖い女の子だったらどうしよう…。いきなりお金とか取られたら…

「ねぇってば。」
「…なに…?」

彼女はプールサイドから僕に話しかけてきた。逆光で相変わらず顔が
よく分からないけど、スイムキャップをはずした彼女は長い黒髪だった。
段々とフェンス越しに、白い水着が僕の目の前に近づいてきた。

「キミ、ここの学校の子?」
「そう…だけど…」
「何年生?」
「一応六年生…だけど…」
「そっか、よかった。私、二学期から転入予定の天野百合。キミは?」
「土原…十流」
「トオル?漢字は?私は花のユリ」
「漢数字の十に流れる…」
「そっかぁ。じゃあ十流が10人居たら私になれるね」
「え?」
「それもとも私が10分の1になればいいのかな」

そう言った彼女は僕に背を向けて、スイムキャップの中に髪をしまい、
また水の中へ消えて行った。僕はなんだか恥ずかしくなって、また
壁の異世界を眺めた。彼女も六年生なんだろうか…。彼女の質問に
答えてばかりで僕は何も答えられなかった。元々人と話しをするのは
得意じゃないけど、なんだか彼女の質問には素直に答えられた。きっと
それは、さっきの壁の異世界が続いてて、僕が僕じゃなかったんだ…。
ここを離れたら、またきっと僕は僕の世界に還る…。そう思いながら、
壁の異世界を見つめていた。そしてもう一度プールを見ると彼女が
笑顔で手を振っていた。僕の10分の1の彼女と、彼女の10倍の僕。

二人の出会いはここから始まった。
2005/08/26/Fri 05:51:41   混沌、そして終焉なる産声/CM:0/TB:0/



  【混沌、そして終焉なる産声・二歌】『忘れられない笑顔』
「十流?風邪引いちゃうよ」

気が付くと僕は眠っていた。あの異世界に魅せられて眠りに
落ちていたみたいだ。目の前にはさっきまで水着姿だった彼女が
セーラー服姿で立っていた。

「え?ああ…僕寝ちゃったんだ…。」
「私が気が付いてよかったね。」

そう言って彼女は髪をかきあげながら笑った。さっきは水に濡れて
よく分からなかったけど、やっぱり彼女の髪は長く、背骨の
真ん中くらいまでありそうだった。胸元の赤いスカーフが
僕の顔に触れた。どうしてこの子はこんなに笑えるんだろう…。
来年の今頃はもしかしたらもうこんな事出来るかどうか
分からないのに…。僕は…もうずっと笑っていない。
コノセカイガキライダカラ…。

「ねぇ…」
「なに?」
「どうして…セーラー服なの?」
「ああ、これ?へへ。一足早くお母さんに買ってもらったんだ♪」
「どうして?」
「だって、来年これが着れるかどうか分からないでしょ?」
「……」
「だから一度着てみたかったんだ☆ずっと、憧れてたから…」

その瞬間、さっきまでずっと笑っていた彼女が、初めて物悲しい
顔をした。そっか…。やっぱり…彼女も怖いんだ…。無理に
明るく振舞ってるだけなんだ。

「私も一ついい?」
「え?何?」
「私は『ねぇ』じゃなくて『百合』だからね!」
「え…でも今日いきなり…」
「ハイ、次名前で呼ばなかったら家に帰さないからね?」
「ええ…なにそれ…。」
「5、4…」
「ちょ!なんでカウントダウンしてるの!?」
「3…」
「百合!………ちゃん…」
「百合でいいってば」
「……百合…」
「はいよく出来ましたぁ☆」
「百合って…なんか変だね…」
「プールに入らないで、木陰でボーとしてる十流だって十分変だと思うけど?」
「それは…」
「お互い変同士だね」
「だからって僕と百合を一緒にしないでよ」
「男だったら固い事言わないの♪」
「なんか僕、無茶苦茶理不尽な事言われてる気がする」
「気のせい気のせい」

僕と彼女の、微かな笑い声が、夏の声に混じって響き渡った。
彼女は飛びきりの笑顔で僕に微笑んでくれた。そのときの僕も、
きっと、笑顔だった思う。久しぶりに笑った気がした。

人は色々な事を忘れるけど、ずっと笑っていなくても笑い方を
忘れたりはしないんだって、百合は気付せてくれた。
そんな彼女と一緒に笑ったこの日を、僕は忘れられずにいた……。


どうして僕は生まれてきたの?なんの為に生きてるの?
なぜ百合と出会わせたの?どうして僕に笑顔を思い出させたの?
もしこの世界に神様が居るなら、僕のたった一つの願いを
叶えて欲しい。たった一度の、叶わない願いを…。
そんな思いをするようになったのは、もっとずっと後の事だった。


僕は翌日もなんとなく学校に行った。約束なんてしてないのに。
僕はまた、あの異世界に行きたかったのかもしれない。でも
プールサイドに百合を見たとき、微かに口元が笑った自分に
気が付いた。そんな僕を見て、百合は満面の笑みで呟いた。

「おかえり」

2005/09/06/Tue 02:50:27   混沌、そして終焉なる産声/CM:0/TB:0/



BACK / MAIN / NEXT
copyright © 2006 漆黒の斬撃. All Rights Reserved.
Template Title : 月の雫 -蒼月-  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。